トップ > iOS11とiOS10の違いをわかりやすく画像で比較

iOS11とiOS10の違いをわかりやすく画像で比較

iOS11とiOS10の違いをわかりやすく画像で比較

まとめ

今月開催されたのWWDCに、
大きなデザイン変更と多くの新機能が盛り込まれたIOS11が発表されたが、
そこでiOS11とiOS10の違いがわかる比較画像を見てみよう。
(左側がIOS11、右がIOS10)

 

【ホームスクリーン】

まず画面左上の電波強度マークが変更され、右上のバッテリーアイコンに縁取りがかかったいる。
ドックに入ったフォルダには名称がなくなって、わずかにフォントが太くなり、背景が白っぽい色でも文字が読みやすくなっている。

【通知画面】

通知画面の背景がモヤモヤでなくクリアで壁紙が見えるようになった。
時期が通知画面上部に大きく占めている。
通知画面での検索機能がなくなっている。

【コントロールセンター】

iOS10からiOS11の変化が、最も見た目でわかりやすいのがコントロールセンターだといえよう。

全ての機能がタイルのようなデザインになり、好みに応じてコントロールセンターに表示する機能をカスタマイズ可能。

【コントロールセンターの設定】

コントロールセンターの設定画面では、

数多くの機能を追加及び削除可能となっており、ロックスクリーンからのアクセスとアプリ使用中のアクセス可否しか設定できなかったiOS10(右)と比べ、

自由度がかなり高くなっていること一目瞭然。

【App Store】

こちらのデザインも大きな変化が見られ、アップデートと検索の他に「Today」と「ゲーム」が追加された。
アプリがゲームなど機能によって自動的に分類されている。

【App Storeアプリの表示】

画像が大きく表示されて統一感のあるデザインになっている。

アプリの説明文が読みやすく表示されるほか、

レビュー評価などの詳細情報がタブを切り替えずに見られるようになっている。

【設定アプリ】1

画面最上段のメニュー表示が大きくなったほか、

検索ウインドウのカラーがグレーになり、背景色となじんでいる。

【設定アプリ】2

アカウントとパスワード、緊急SOS通報などのメニューが追加された。

【カメラフィルタ】

フィルタの一覧がカメラ画面から下に移動し、

フィルタ適用後のイメージが大きく表示されるようになっている。

【カメラの設定】

「QRコードをスキャン」が追加され、

サードパーティアプリを使わずにQRコードの読み取りが可能となっていることが確認できる。

「フォーマット」からは、動画ファイルのHEIF/HEVC、画像ファイルのJPEG/H.264といった、圧縮率の異なるファイルのフォーマットが選択可能。

【ストレージ】

ストレージの使用状況が視覚的にわかりやすくなったほか、ストレージを効率的に使うための設定などの情報も加われている。

【電話の履歴】


tennis4464 の最近のまとめ

歩留まりが低いためiphon8の生産が一時停止か

iphone8ではなくiphone plusか、発売遅れの可能性が濃厚

iphone8だけではないい、スリープ状態での3D顔認証がMacに搭載か

工場撮iphon8のスクリーンブラケットとされる写真が流出

9月にiphone8はOLED供給不足で400万台しか出荷できないか

もっと見る

tennis4464 の人気のまとめ

iphon8のサイズ画像が中国で流出​

遂にiphone8デザイン構図が登場

2タイプのiphon8がテスト中?

iPhone8発売はがクリスマスに?

iphone8はフロントパネルフレームなしのデザイン

もっと見る

人気のまとめ