トップ > すり傷に「消毒+絆創膏」はもう古い?

すり傷に「消毒+絆創膏」はもう古い?

傷口を消毒して絆創膏やガーゼで処置する従来の常識は、もはや通用しないのです。

昔から行われてきた「消毒+絆創膏」

・ケガややけどをしてしまったら、最初の手当てにまずは患部を消毒することが大切だと思っている方は多いかもしれません。しかし最近は、消毒をせずに傷を比較的早く治し痛みを軽減させ、傷跡も残りにくいという、これまでの常識を覆す手当てが注目を集めています。

 

・これまで、常識と考えられていたことが見直される事は、世の中によくある話で、それは医学の世界でも例外ではありません。けがや火傷(やけど)をすると、消毒をしてガーゼをあて乾燥させることは、これまで傷の治療の常識として広く行われてきました。ところが近年、傷は消毒せずに、しめらせて治療する方法が注目されています。

実は消毒も絆創膏も、しないほうがいい

 

消毒がダメな理由

・消毒液は悪い菌をやっつけると同時に、傷を良くする細胞までやっつけてしまうので、消毒液を使うことは逆に傷の治りを妨げることがあります。

 

・殺菌・消毒に使われる薬剤は、単にタンパク質を破壊しまくる薬品というだけだったり、細菌や細胞から水分を奪うだけであったり、別に「有害な菌だけを殺してくれる薬品」というわけでも、「毒だけを消してくれる液体」というわけではないのです。

傷口に展開している免疫細胞や修復細胞達を消毒液で殺してしまうと、新しい細胞が血液に乗って送られてくるまで修復は進みません。

 

・傷口では傷を治すため体から体液が分泌され、液の中でいろいろな細胞が働いています。消毒薬はそれらを殺してしまい、体が治そうとしているのを妨害しているのです。

皮膚には他の菌が入ってこないよう我々の体を守ってくれる「常在菌」という良い菌がいますが、消毒液により「常在菌」が死んでしまい、悪い病原菌が侵入しやすくなるのです。

 

・消毒することで傷の治りを遅くすることが分かってきたため、消毒薬はほとんど使われなくなってきました。

 

・実は消毒薬は、細菌細胞のタンパク質を破壊することで殺菌をしています。

そして、細菌だけでなく、傷口付近の細胞まで同時に破壊。

 

絆創膏やガーゼがダメな理由

・傷は乾燥させず、かさぶたを作らないようにするときれいに治ります。傷にガーゼをあてると大切な液を吸い取ってしまいよくありません。

 

・かさぶたに守られたその下の乾きにくい部分で何とか細胞が増えて治そうとするのです。しかし痂皮にはガーゼがくっついてしまうため、ガーゼをかえるたびにはがれて細胞が乾き、傷の治りは遅くなります。

 

・ガーゼを使うと、交換する都度、患者さんが痛い思いをし、また傷にも良くない。

 

・乾燥した状態が続くと、カサブタを剥がせば剥がすだけ細胞が壊死。皮膚は完全に再生せず、その結果、傷痕になってしまいます。

 

医学的な見地からみた対処法としては、「間違い」と言ってもいいでしょう。

傷口から出てくる「滲出液」がポイント

 

・傷口からジュクジュクとした透明の滲出液が出てきますが、実はこの滲出液の中に細胞培養液が含まれていてケガの治癒にとても役立つのです。

 

・体内の有益な細胞たちは「体に害のあるものだけを殺してくれる」非常に便利な存在であり、人間が作った「無差別攻撃する消毒液」を使うより遥かに勝手の良い、「殺菌」方法なのです。

 

・湿潤状態では細胞は生き生きと増え、けがでえぐれた部分も埋めて皮膚がおおわれていきます。

 

・このジュクジュクこそ回復しているサイン。このとき、傷口から「傷を治す物質」が出ているんだそうです。

 

医療機関によってはいまだに傷口のガーゼを毎日取り替えているようなところもあるようですが、実は傷の治りを遅らせているので、もはや時代遅れなのかもしれません。

じゃあ、どう対処すればいいの?

「流水洗浄+ラップで密封」が正解

 

・従来行われてきた消毒薬とガーゼを用いた治療法から、洗浄(傷を洗ってきれいにすること)と被覆材(ひふくざい、傷をおおうさまざまな材料のこと)による治療法に変わってきています。

 

・菌は目には見えずに至るところに存在していて無菌にすることはできないので、傷口は水道水で洗浄するだけで問題ありません。

 

・細菌は水道水で十分洗い流せるのです。そして、傷口に染み出てきている浸出液を使って治療します。

 

・傷にいる細菌や老廃物などを洗い流すことが傷の治りを促進することから、水道水や生理食塩水、時には石鹸などを使って傷を洗うことが行われてきています。

 

・食品用ラップを傷に直接貼って、その上に体液を吸い取るためのガーゼを当てることもあり、ラップ療法と呼ばれています。ラップは傷に決してくっつかず、傷を乾かすこともありません。

 

・なぜラップを使うようになったのかご存じでしょうか。これは、寝たきりの高齢者のために、考え出されたものなのです。寝たきりになると「床ずれ」は避けられない問題で、社会問題になっていた時期もあります。

 

1週間程度そのままにしておけば、傷口があった部分に新しい皮膚が再生されているはずです。

最近はハイドロコロイド材の絆創膏が多く市販されている

 

・今は、ハイドロコロイド系の絆創膏などもたくさん市販されていて、あればそれを、なければラップを。と言う治療法が確立してきました。

 

・傷口に貼る茶色のシートはハイドロコロイド被覆材という空気を遮断し、傷口の乾燥を防ぐためのシート。 肌に貼りつかないので、はがすときも痛くないという優れものです。

 

・傷にはハイドロコロイド材などの創傷被覆材をかぶせて乾かないようします。そして、傷の状態に合わせて適時、被覆材を取り替えて傷を洗うのです。この方法を「浸潤療法」といいます。

 

・傷口がジュクジュクになると化膿の不安がありますが、その心配もありません。湿潤療法の場合、滲出液が常に出ているため 細菌が同じ場所にとどまることができません。

 

「消毒+絆創膏」という従来の方法が強すぎるせいか、なかなか頭を切り替えられないかもしれないですが、さっそく今日からこの「新しい常識」を実践してみませんか?

引用元

・消毒はしなくてもOK!? あっと驚く傷の手当ての新常識

http://eonet.jp/health/healthcare/health61.html

 

・消毒がダメな理由。細菌の働きと消毒液の正しい使い方-傷の治療(後編)

http://stonewashersjournal.com/2015/02/04/injury2/

 

・傷の消毒はやめましょう | いかがですか あなたの健康 | 奈良県医師会

http://nara.med.or.jp/kenkou_ikaga/kenkou_ikaga986.html

 

・第25回 傷(きず)の治療に消毒やガーゼがあまり使われなくなった理由

http://www.koseikan.jp/visit/medical_column/list/detail/column_739.html

 

・傷口を消毒しない治療方法って?絆創膏も薬も不要って本当?

https://kizu-cure.com/archives/80

 

・消毒と乾燥はNG!?傷治療の新常識「湿潤療法」とは?

http://www.spcnavi.com/sugoude/746/


TAMA03504 の最近のまとめ

日本人は太りやすい遺伝子を持っている?

「デトックスで毒の排出」はどこまで本当か

日本だけの習慣「うがい」の効果は?

ほくろはガンの元ではなかった?多いほうが老化しにくいという研究も

「ビタミンCで風邪が予防できる」に根拠ナシ?

もっと見る

TAMA03504 の人気のまとめ

子供に坐薬を使うときの注意点

【薬局の不祥事】処方箋の付け替え・不正請求とは

「体温を上げれば健康になる」はどこまで本当?

すり傷に「消毒+絆創膏」はもう古い?

減塩すれば血圧は本当に下がるの?

もっと見る

人気のまとめ