トップ > 日本だけの習慣「うがい」の効果は?

日本だけの習慣「うがい」の効果は?

風邪予防で「うがい」をするのは日本だけ

日本人にとっては身近な行為であるうがいですが・・・

 

・感染症予防の3大対策ともいえる「うがい・手洗い・マスク」ですが、これは外国人から見るとかなり珍しい行動様式のよう。

 

・うがいの目的はのどの粘膜についた細菌やウイルスを洗い流すこと、のどを刺激して(異物を痰とともに排出する)繊毛運動の衰えを防ぐことのふたつがあるとされている。

 

・ガラパゴス的な風習のためか、研究者のなかにはうがいについて「効果がない」という意見を唱える人も…。

 

・外国人はうがいをしません、というかできないというのが正解でしょう。外国には、うがいの文化がないので、うがいをすることに慣れていないのです。

 

風邪予防にうがいをしているのは日本人だけ。うがいは日本独自の衛生習慣なのです。

ウイルスは常に空中にいる

 

・飛び散った微細粒子が空中でそのまま乾燥したり、いったん付近のものに付着した後、乾燥して水分を含まない微粒子(直径5ミクロン以下)になったものを飛沫核と言い、それが感染経路となるのが飛沫核感染です。

 

・インフルエンザのウイルスは気道の粘膜に取りつくと数分~20分で細胞の中に取り込まれてしまいます。また、インフルエンザのウイルスは、のどの粘膜よりも鼻の粘膜から高頻度に検出されます。
うがい自体には効果があったとしても、20分おきにうがいをすることは現実的とは言えず、また、鼻粘膜はうがいで洗うことができませんので、残念ながらインフルエンザに対するうがいの効果は限られていると言わざるをえません。


・ウイルスは空気中を漂うだけでなく、せきやくしゃみの際の唾液や鼻水の飛沫内に大量に潜んでいる。

 

・空気中を浮遊するウイルスが衣類や手などに付き、これが再び空気中を漂って、吸い込まれる場合もあります。

 

風邪のウイルスは鼻から気管の入り口にかけての上気道粘膜にとりついて感染しますが、細胞に取り込まれるまでの時間は約20分しかありません。20分おきにうがいをするのは現実的ではありませんね。

風邪に対する予防効果は検証されていなかった!

 

・長らく習慣として日本で続けられてきたうがいですが、その効能がきちんと証明されたのは、なんと21世紀に入ってからです。

 

・うがいの習慣は平安時代から日本にずっとあるみたい

が、科学的根拠が証明されていなかった

 

・うがい自体の感染症予防効果も本当なのか、少々疑問を抱いています。

 

・うがいによる予防効果には科学的な根拠がないという事もいわれていましたが、京都大学の川村孝教授のグループによって風邪予防の有効性が実証されました。

 

京都大学の川村孝教授らは、世界で初めてうがいの効用に対する大規模な調査を行いました。

本当に効果あるの?調査の結果は・・・

京都大学の川村教授らの調査によると

 

・うがいについて研究を実施。約380名のボランティアを対象に2ヶ月間の実験をし、うがいには風邪を予防する効果があることをつきとめました。

 

・水うがいの効果は京都大学の川村孝教授らのグループの研究により実証されている。

 

・この研究で、水のうがいでは効果がありましたが、ヨードを用いたうがいは効果がなかったというのは面白いところです。殺菌効果が強すぎて、のどの良い菌まで殺してしまったことが関係したのかもしれません。

 

・2002~2003年の冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアを、「水でうがい」、「ヨウ素系うがい薬でうがい」、「何もしない」の3群に分けた2カ月間の追跡調査が行われました。

「水うがい群」は対照の「何もしない群」に比べてかぜの発症が40%減り、うがいのかぜ予防効果が実証されました。ただ、「ヨウ素系うがい薬群」では、対照群と差がなく、はっきりした予防効果がみられませんでした。

 

・ヨード液を使用することによって喉の良い細菌まで壊してしまってウイルスが逆に侵入しやすくなってしまう可能性もあるのだとか!

 

・イソジンでうがいをしても、なーんにも効果が無かっただけでなく、水でうがいをした人よりも風邪をひきやすかったのです。

 

この結果からすると、水うがいはある程度の予防効果があることが分かります。ただ、薬を使ってのうがいは予防にならないということになります。ヨード系のうがい薬を使うと、口腔内の細菌を死滅させすぎてしまうのかもしれません。

「水でうがい」グループは「うがいをしない」グループに比べて風邪の発症が約40%減り、これによりうがいによる風邪の予防効果は実証されました。

「ヨウ素系うがい薬でうがい」グループは「うがいをしない」グループとほとんど変わらないという結果に終わりましたが、ヨウ素系うがい薬によって常在細菌叢や口腔粘膜の細胞がダメージを受けた事などが考えられるようです。

インフルエンザには効果がないみたい

 

・うがいの感染予防効果が実証されたのはあくまで「風邪」だけのようで、「インフルエンザ」などに対しては実証されておらず、東京大学医科学研究所の教授や首相官邸HPもうがいのインフルエンザ予防効果はないだろうという見方を示しています。

 

・インフルエンザの場合は、ウイルスが気道に付着してから20分という短い時間で体内に入り込み、増殖していきます。そのため、うがいで予防するためには、20分ごとにうがいをしなければ効果がありません。

 

・ヨード液を使用することによって喉の良い細菌まで壊してしまってウイルスが逆に侵入しやすくなってしまう可能性もあるのだとか!

 

まだまだ「追試」を重ねていかないことには「予防効果」について大手を振って言えないでしょう。予防には生活習慣や食生活を整えることも重要です。

薬を使うなら、ヨード系よりもアズレン系

引用元

・うがい・手洗い・マスクは、日本だけの不思議な習慣⁉

http://www.tenki.jp/suppl/ryoko/2015/03/14/2201.html

 

・IENAKA うがいをするのは実は日本だけの習慣!21世紀になって証明されたうがいの効果

http://osouji.tokyu-bell.jp/category/beauty/55

 

・うがいをするのは日本人だけ? 知っておきたい風邪の雑学6つ

https://citrus-net.jp/article/441

 

・ガラガラうがいは日本だけ!カゼ対策のウソ・ホント

http://diamond.jp/articles/-/110051?page=2

 

・みおねっと 手洗いうがいって本当に効果があるのかどうか調べてみた!

http://xn--t8juf.net/4727.html

 

・かぜの予防法
http://www.nms.co.jp/cold/kaze7.htm

 

・乾燥と風邪の関係は?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010320805


・うがいに感染予防効果はあるのか
http://kansenyobou.net/うがいの感染予防効果.html

 

・イソジンの効果はウソ?うがいをしても風邪の予防にならないよ!!
http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=18480


・インフルエンザにうがいは効果なし?厚生労働省が発表
https://mamashoric.com/inflenza/


TAMA03504 の最近のまとめ

【薬の副作用まとめ】動悸

【薬の副作用まとめ】食欲不振

インフルエンザの予防策は?

薬を水で飲むのはなぜ?

OTC医薬品を買うとき、どんなことに注意したらいい?

もっと見る

TAMA03504 の人気のまとめ

【薬局の不祥事】処方箋の付け替え・不正請求とは

子供に坐薬を使うときの注意点

「体温を上げれば健康になる」はどこまで本当?

減塩すれば血圧は本当に下がるの?

すり傷に「消毒+絆創膏」はもう古い?

もっと見る

人気のまとめ