トップ > 運動不足を感じたときにおすすめの「散歩健康法」

運動不足を感じたときにおすすめの「散歩健康法」

まとめ

ウォーキングの健康効果

心身の不調を改善

・無理のない有酸素運動が自律神経失調症の症状を改善してくれます。

 

・ウォーキングをすると、全身の血行を改善して筋肉の緊張を和らげることができます。

 

・十分なセロトニンを維持するためには、ウォーキングのような適度な運動を行うことが大切です。

セロトニンには、心のバランスを保ったり、適度に筋肉を刺激して姿勢を保ったりする効果があります。

メタボ対策に

・脂肪燃焼を確実に行いたいという人にとって一番オススメなのがウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動です。

有酸素運動を取り入れたダイエットを始める際に、ウォーキングを選ぶ人は少なくない。

 

・お腹まわりが太ってきたからといって、あわてて腹筋運動ばかりしていてもお腹は凹みません。
お腹周りには、皮下脂肪だけではなく「内臓脂肪」がついている可能性が高いからです。

有酸素運動の中でも、一番取り入れやすく、かつ効果が出やすいのが「ウォーキング」です。
道具をそろえる必要もなく、思い立ったときにすぐ実行できるのがとても嬉しいですね。

糖尿病予防に

・運動をすると、血液中の余ったブドウ糖が筋肉の細胞内に取り込まれるため、通常は血糖値が自然と下がっていきます。

筋肉を動かすために エネルギーが必要→エネルギーはブドウ糖(血糖)→ブドウ糖が使われ、血糖値の自然降下

 

・ウォーキングなどの適度な運動は、カロリーを燃焼し肥満の解消につながるだけでなく、体力増強やインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性の改善にも役立つ。

インスリン抵抗性があると、食事で高くなった血糖値を感知して、膵臓からインスリンが分泌されても筋肉や肝臓が血液中のブドウ糖を取り込まないため、血糖値が下がらず、糖尿病の発病につながります。

高血圧予防に

・高血圧解消に役立つ運動としてもっともおすすめなのが、ウォーキングです。

 

・適度な運動には、血管の内皮機能を改善し、血圧を上げる交感神経の働きを弱め、腎臓から塩分を排出しやすくする効果がある。また、血糖や血中脂質の値が改善し、心臓や肺の働きもよくなる。

 

・運動すると、心臓から送り出される血液が増えるため、一時的に血圧は上がります。
血流が体全体に行き渡ると血管が広がるため、血圧は下がっていきます。

このグラフは高血圧の患者さんが、運動効果の結果をグラフにしたものです。

運動をした人と、運動をしていない人では、運動ている人の方が血圧の改善が見られるという結果が出ています。

 

(引用元:健康大学.net)

骨粗鬆症予防に

・運動を行うことで微量の電流が骨に伝わり、骨密度を高める効果が期待できる

骨粗鬆症の予防にはウォーキングやジョギングのように負荷のかかる運動がおすすめなのです。

 

・骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムの摂取と日光浴に加えて、ウォーキングや筋力トレーニングなど骨に刺激が加わる運動が推奨されます。

骨は通常腱を介して筋肉へとつながっているため、筋力トレーニングによって、骨に直接刺激を与える方法も効果的です。

ジョギングの方が効果的なんじゃないの?

確かに、ジョギングのほうがより運動負荷が高いため、効率は良いのですが、ジョギングをきちんとできる人は、非常に限られています。

 

ジョギングは、正しいフォームで走らなければ、膝などの関節への負担、腰への負担などが大きくなってしまい、体を痛めてしまう危険があります。

 

(出典:糖尿病と運動の関係について取り上げています【糖尿コラム】)

・ジョギングはかなり心臓に負担をかけるため、太り気味の方の場合は、ジョギングではなく、まず歩くことから始めるよう勧められています。

1日3000歩アップを目標に!

・「1日1万歩」のウォーキングを続けることで、血管の状態が良くなり、動脈硬化を予防できることが米国のミズーリ大学医学部の研究で明らかになった。

 

・成人の一日あたりの平均歩数は男性で7043歩・女性で6015歩であることが分かった。

 

・健康の指針の一つ「健康日本21」では、成人男性9000歩・女性8500歩以上を一日の目安としている。

健康日本21(第二次) |厚生労働省

引用元

自律神経失調症になったら? 知るべき改善策と解消方法

自律神経失調症の改善にウォーキングをするなら朝!太陽の下で最初は5分から|ヘルモア

メタボ解消のためにウォーキングしよう!

メタボを解消するウォーキングのコツ | 脂肪を落とす!お腹まわりダイエット

糖尿病と運動の関係について取り上げています【糖尿コラム】

ウォーキングが糖尿病の危険性をとりのぞく | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

運動は高血圧を解消するのに有効なのか?

健康大学.net

骨粗鬆症予防の運動にはウォーキングがおすすめ | ヘルスケア大学

e-healthnet

ウォーキングの歩数が「1万歩」から「5000歩」に減ると血管に悪影響が | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

一日の平均歩数は男性7000歩・女性6000歩(2015年)(最新) - ガベージニュース


sindoukaiji の最近のまとめ

お風呂でできる冷え性対策

日常生活における「脳が喜ぶ行動」

運動不足を感じたときにおすすめの「散歩健康法」

警視庁のマスコット ピーポくんには家族がいる

「焼そばU.F.O.」は「うまい・太い・大きい」である

もっと見る

sindoukaiji の人気のまとめ

国立競技場には女性用立ち小便器がある

小便少女もいる

警視庁のマスコット ピーポくんには家族がいる

「焼そばU.F.O.」は「うまい・太い・大きい」である

ドライブスルーは馬でもいける

もっと見る

人気のまとめ