トップ > OTOTOYの一覧性についての議論メモ

OTOTOYの一覧性についての議論メモ

OTOTOYのトップページや各機能への導線、機能そのものを改良するための指針として

まとめ

mora→そんなわけで試聴デキネe-onkyo→そもそも音源が無い(しょうがなく)ototoy→一覧性が悪すぎ。これ以上見る気失せる。よくこれで商売成り立つなってくらいヒドイ。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou 「一覧性が悪すぎる」と感じられたページのURLを教えていただけるとすごく助かります。突然すみません。
返信するRTお気に入り追加

@uhyoppo トップページにいって、「最近出た曲を全部みてみたい」と思ったのですが、あそこに表示されてるものだけなのかがわかりにくいと思いました。
返信するRTお気に入り追加
@uhyoppo あと、カテゴライズされているのかどうかもわかりませんでしたし。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou http://t.co/lubtpEbTuD このページは新譜が並んでますが、最近出た曲を全部というのはそういう意味でしょうか? それからカテゴリーはOTOTOYの場合タグで代用しています。例: http://t.co/Zwi7Ispehd
返信するRTお気に入り追加

まぁ、オイラが探すのは世間一般じゃほとんど「アニソン」カテゴリなわけだけど、ototoyトップにいって、そのカテゴリに到達するにはどうすれば良いのかしら。とか。別にアニソンじゃなくて、クラシックでも同じだと思う。Features にアニソンとかが出てるのはわかるけどそれは
返信するRTお気に入り追加
ピックアップされた情報であって、一覧じゃない。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou すごく参考になります。ありがとうございます。導線の変更や拡張を考え、すぐできることはすぐやります。
返信するRTお気に入り追加
@mseidou アニソンは☞ http://t.co/V7JQlPhLs7 ここです!
返信するRTお気に入り追加

@uhyoppo なるほど。確かに newrelease のページはアクセスしましたが、なんか自分の求めてるものと感じられずにトップに戻っちゃいましたね。これは何がダメとかそういうことではなくて、単に私の思考と合わなかっただけだとは思います。
返信するRTお気に入り追加
@uhyoppo 一般的にどちらが多いかわかりませんが、自分の探したいものってまず最初にカテゴリから辿る気がします。
返信するRTお気に入り追加
@uhyoppo あ、はい。先ほどの説明でタグによるわけかたをしているというのは理解しました。が、実際先ほど探そうとしてこの機能を直感的に使えなかったということは、どんなに便利であってもユーザビリティとしては残念なのでは無いかと思います。次からはタグを使います。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou タグの精度を高めるのはOTOTOY全体の課題です。ランキング、新譜、カテゴリーが三大ポイントなので、カテゴリー(タグ)強化をコンテンツ、システム両面で頑張ります。
返信するRTお気に入り追加
@mseidou どんなに機能があっても、使いにくければ意味がないですよね。確かにトップページの限られた面積の中でタグをどうするかは、議論したものの難しいということで後回しになっている箇所です。タグ検索を使いやすくするにはどうすれば良いか、真面目に取り組みます。
返信するRTお気に入り追加

@uhyoppo 導線解析は重要ですよね。トップページにアクセスしただけで帰ってしまっているユーザはそれなりにいると思います(私はその一人ですし)あと、縦に長すぎると思いました。タグを売りにするのであればなぜあんな下にあるのかとか。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou トップページに詰め込みすぎる問題は常にあって、例えば「アニソン専門のOTOTOY」とか、トップページを分けてしまったほうがいいんでしょうか。。。など悩んでいます。
返信するRTお気に入り追加

@uhyoppo 現在のようなトップページにいろいろ出すのは(他サイトも似ていますが)もう少し熟成した市場であれば有効な気はします。が、現在まだハイレゾ音源というとマニア層が多くを占めると思います。そういうユーザは自分の興味のある領域から探すのか、何でも来いで手当たり次第
返信するRTお気に入り追加
@uhyoppo 試聴して好きなものを見つけるか。だと思いますが、どちらが多いのかはアクセスログ等を解析しないとわからないですね。(個人的には前者だと思いますが)
返信するRTお気に入り追加
@uhyoppo 私はユーザなので無責任なことを言ってしまいますが、mora, e-onkyo, ototoy の中ではmoraが一番使いやすいです。(もちろんなんだこれはっていうのもありますが)e-onkyoはページングが鬱陶しいし。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou OTOTOYのハイレゾ参入はすごく早く、色々な媒体でそういう紹介をされているのですが、実は「良い音楽を紹介して知ってもらう」という大きな目的があって、トップページは「こんなのあるよ」という紹介の意味合いが強くなっています。とはいえ市場要求への最適化は大切ですよね
返信するRTお気に入り追加
@mseidou 実はmoraが使い易いという方とこれだけやり取りできたのは初めてなので(ぶっちゃけ本当に)すごく参考になっています。ありがたいです。
返信するRTお気に入り追加

@uhyoppo 例えば http://t.co/c2dLF1OyCy にアクセスすると、明らかに出てこないタイトルが多数ありますね。手動でタグ付けを行っているのかもしれませんが、今後タイトルが膨大になった際には破綻しますし「オレのお気に入りが入って無い」という苦情が殺到しそう
返信するRTお気に入り追加
@uhyoppo たまたま最初に使ったのがmoraだったというのが大きいです。たしか初めての頃はそこまで使いやすいなんて思わなかったですよ。あとは慣れなのであまり比較にはならないかもですね。確かにmoraはハイレゾと非ハイレゾが混在してて見分けづらいですね。
返信するRTお気に入り追加

@mseidou 実は(ばかりですが)、OTOTOYは元SNSなので、タグはユーザーが好きに付けられたりします(タグの囲みの+のリンクで足せます)。ただ、オフィシャルなデータは大事なので、さっき書いた通りタグ精度を高めるよう頑張り中です。
返信するRTお気に入り追加

@uhyoppo なるほど。それは知りませんでした。(つまりそういうことですよね...)発信側の意思とは無関係にユーザは勝手に色々求めますし。moraは母体が母体ですから知名度はそれなりですし、e-onkyoも名前で知名度をうまく使ってますよね。→
返信するRTお気に入り追加


uhyoppo の最近のまとめ

OTOTOYの一覧性についての議論メモ

親愛なるまとめ

3/5からANOBARが動いてない件

もっと見る

uhyoppo の人気のまとめ

親愛なるまとめ

OTOTOYの一覧性についての議論メモ

3/5からANOBARが動いてない件

もっと見る

人気のまとめ