トップ > コンビニのサンドイッチによく入っている添加物まとめ

コンビニのサンドイッチによく入っている添加物まとめ

サンドイッチについて

薄く切ったパンの間に肉・卵・ハム・野菜などを挟んだ食べ物。英国のサンドイッチ伯爵の思いつきという。

 

(出典元:コトバンク

サンドイッチ - 語源由来辞典

サンドウィッチ伯爵は、トランプゲームが好きで、ゲーム中でも片手で食事が出来るよう、パンに具を挟んだものを作らせたことから、この食べ物は「サンドイッチ」と呼ばれるようになったといわれる。

「サンドウィッチ」と「ハンバーガー」の違いは? | 1分で読める!! [ 違いは? ]

「サンドウィッチ」とは、パンに肉や魚介類、野菜等の具材を挟んだ料理の総称です。
挟むパンには、バゲットやクロワッサン、ロールパン、イギリスパン、ベーグルなど多種多様なパンが用いられますが、日本においては食パンをスライスして耳を落としたものにバター、マーガリン、マヨネーズ、からし、マスタードなどを塗って具材を挟むことが多いです。

どんな添加物が入っている?

①亜硝酸ナトリウム

 

●亜硝酸ナトリウムとは

硝光(亜硝酸ナトリウム製剤) | 企業向けオンラインショップ | 食品添加物 | 硝光(食品添加物)ミテジマ化学株式会社のオンラインショップ

食品への表示例:発色剤(亜硝酸Na)

用途別 主な食品添加物 発色剤|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

動物性食品中に含まれる赤血球の色素(ヘモグロビン)や筋肉細胞の色素(ミオグロビン)と結合して、加熱しても安定した赤色を呈します。

●なぜ使われているのか

Q&A詳細

亜硝酸ナトリウムは、安定した食肉の色を保持する効果のほか、ボツリヌス菌をはじめとして多種類の細菌の生育を抑え、食肉製品の腐敗を防止する働きを持つなど様々な効果のある添加物として知られています。

日本ハム | よくあるご質問 - 食品添加物について

発色剤には、大きく分けて次の3つの働きがあります

1. 原料肉の色素を固定し、ハム・ソーセージ特有の色調を与えます。
《着色料のように色を付けるのではなく、お肉の中のミオグロビンやヘモグロビンといったお肉自身がもっている赤い色素を固定し、加熱・酸化による褐色化を防ぎます。》
2. 原料肉のもつ獣臭さを消し、ハム・ソーセージ特有のフレーバー(風味)を与えます。
《発色剤の使用されていない焼豚などと比較すると、その風味の違いがよく分かります。》
3. 細菌の増殖を抑える働きがあります。特に恐ろしい食中毒菌としてよく知られているボツリヌス菌の増殖抑制効果があります。

●何がよくないのか

ソーセージやハム、発がんの危険?脳腫瘍、白血病のリスク 毒性強い添加物を大量含有 | ビジネスジャーナル

亜硝酸ナトリウムは肉に含まれるアミンという成分と反応して発がん物質であるニトロソアミンに変化するといわれており、少量でも安心はできない。

亜硝酸ナトリウム(発色剤)|避けた方がよい添加物

亜硝酸ナトリウムは、毒性が強く、食肉に含まれるアミンという物質と結びついて、ニトロソアミン類という発がん性物質に変化することによって、摂取し続けると、がんになる可能性が高まると懸念されています。

【亜硝酸ナトリウムの危険性】亜硝酸Naの使用基準・致死量・発がん性は?

国際がん研究機関(IARC)が、加工肉及び「レッドミート」の摂取により大腸がんのリスクが増加すると発表し、がんのリスクを減らすために加工肉の摂取を適量にすることを奨励しました。


NaturalistAkemi の最近のまとめ

キレそうになったら6秒待つ!注目されるアンガーマネジメント

チーズのまとめ

便利な裏ワザ!総まとめ

【薬膳まとめ】いちご

薬膳の基本について

もっと見る

NaturalistAkemi の人気のまとめ

チーズのまとめ

薬膳の基本について

便利な裏ワザ!総まとめ

【薬膳まとめ】しょうが

コンビニのサンドイッチによく入っている添加物まとめ

もっと見る

人気のまとめ