トップ > 歯周病対策で生活習慣病予防

歯周病対策で生活習慣病予防

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のひとつです。歯周病の対策は、全身の健康づくりを考える上で 重要であることがわかってきました。毎日のはみがきや生活習慣を見直して、万全の対策を行いましょう。

まとめ

毎日の歯磨きや生活習慣を見直しましょう。

歯周病は生活習慣病のひとつです


・口の中にはおよそ300~500種類の細菌がすんでいるといわれています。はみがきが不十分だとこれらの細菌が集まり、細菌の塊であるプラーク(歯垢)が形成されます。

 

・これを放置するとプラークの中で細菌が繁殖し、歯肉に炎症を引き起こして歯周病となり、やがて歯を支える骨を溶かし、さらに進行すると歯を失う原因となります。

 

・喫煙や不規則な食習慣、ストレスなども歯周病を進行させる要因となるため、毎日のはみがきのほかに、これらの生活習慣も見直すことが歯周病対策では重要です。

糖尿病との関連も


・最近は歯周病と、そのほかの生活習慣病との関連性が多くの研究で報告されています。中でも糖尿病とは密接な相互関係が認められ、歯周病の適切な予防や治療を行い、慢性的な歯周病を改善することで、糖尿病のコントロール状態を表す糖化ヘモグロビン(HbA1c)の改善がみられることが明らかになってきました。

 

・また、歯周病は動脈硬化などの血管障害のリスクを高める要因となる可能性があるともいわれています。
 

・このように、歯周病の予防による口の健康維持は、全身の健康に強く結びついています。毎日のはみがき、生活習慣の見直しに加えて、生活習慣病予防の一環として、歯科健診を定期的に受けましょう。

引用元

ClassA会員薬局

参考リンク

日本臨床歯周病学会 | 歯周病とは?

歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会

治る?治らない?歯周病(歯槽膿漏)の治し方 | 神戸・明石市歯医者【アップル歯科クリニック】~世界水準の治療~

歯の健康|厚生労働省

歯・口腔の健康|とうきょう健康ステーション

曽根駅北の歯医者 きた歯科の歯周病治療のページです。曽根駅近くのきた歯科では歯周病治療を行っております。歯周病対策として歯科医師や歯科衛生士がきちんとみがけるようになるまで、指導を行います。

プラーク(歯垢)|歯と口の健康研究室|ライオン歯科衛生研究所

日本臨床歯周病学会 | 歯周病とは?

歯周病の原因|歯周病について|ライオン

歯周病の原因 | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

歯周病から誘発される6つの病気 | 医療法人 徳真会

歯周病 | 生活習慣病の調査・統計 | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

歯周病と糖尿病|お役立ち情報|サンスター

歯周病と糖尿病の深い関係 | 糖尿病情報センター

糖尿病で歯周病が増える理由、歯周病で血糖値が上がる理由 | 糖尿病とお口の健康 | 糖尿病ネットワーク

歯周病菌が「動脈硬化」「血栓」の一因に|歯ぐきから全身の健康へ オーラルプロテクト コンソーシアム

平成29年度歯科健診事業について | 都道府県支部 | 全国健康保険協会

健康診断 | うしおだ診療所(こころとからだと歯)


TAMA03504 の最近のまとめ

《薬のまとめ》クレストール

「機能性表示食品」って、他の食品とどう違うの?

高齢の方は特に注意「肺炎」

歯周病対策で生活習慣病予防

せきが長引いています。風邪でしょうか?

もっと見る

TAMA03504 の人気のまとめ

薬の情報まとめ

【薬局の不祥事】処方箋の付け替え・不正請求とは

すり傷に「消毒+絆創膏」はもう古い?

「体温を上げれば健康になる」はどこまで本当?

日本人は太りやすい遺伝子を持っている?

もっと見る

人気のまとめ