トップ > 白カビタイプチーズのまとめ

白カビタイプチーズのまとめ

表面が白いカビに覆われたチーズ。この白カビが繁殖することでたんぱく質を分解し、表面から中心に向かって熟成させる。熟成の若いものは内側がクリーム色で芯があるが、熟成が進むにつれて表面はオレンジ色がかり、内側の黄色味が強くなる。

一覧

ブリー・ド・モー

ルイ16世も愛してやまなかった「チーズの王様」と称されるフランスを代表するチーズ。

 

カマンベール

上品な味わいと香り、なめらかな味わいが特徴。多くの地域で作られ、その種類も多い。

 

ブルソー

熟成を待たずに早くから食べられるチーズを目標に考案されたチーズ。

 

シャウルス

熟成が進むにつれて深いコクとしっかりしたうまみを増すチーズ。熟成の段階を楽しみながら味わいたい。

 

バラカ

馬蹄形のチーズで、ヨーロッパでは幸福のシンボル。贈り物に最適。

 

サンタンドレ

ふかふかの美しい白カビが印象的。バターのような濃厚なコクとクリーミーさが特徴。輸出用に作られたチーズで、アメリカでも人気。

 

カプリスデデュー

フランス語で「神の気まぐれ」を意味する。楕円のパッケージと天使のイラストがかわいらしい。

 

サントーバン

フランスのシャサーヌ村西側の集落で誕生。サントーバンは高品質なワインが作られる場所でもある。

 

キャステロ・ホワイト

デンマークのチーズメーカーであるトールストラップ社を有名にしたチーズ。口どけがよく、万人受けする。

 

カレ・ド・ブルターニュ

カレはフランス語で「四角」という意味。切ってみるとバターのような色合いをしており、濃厚な味わいがある。

 

セピア

イカ墨入りのカマンベール。日本で作られており、肥沃な大地と粉雪を表現している。

 

 


NaturalistAkemi の最近のまとめ

白カビタイプチーズのまとめ

フレッシュチーズのまとめ

便利な裏ワザ!総まとめ

【薬膳まとめ】いちご

薬膳の基本について

もっと見る

NaturalistAkemi の人気のまとめ

薬膳の基本について

便利な裏ワザ!総まとめ

【薬膳まとめ】しょうが

【薬膳まとめ】小松菜

【薬膳まとめ】山いも

もっと見る

人気のまとめ