トップ > 独特の甘みで古来より愛されている甘茶(あまちゃ)

独特の甘みで古来より愛されている甘茶(あまちゃ)

日本古来から花祭りなどで愛飲され、定着している、ほんのりとした甘みのある甘茶(あまちゃ)の紹介まとめです。

甘茶(あまちゃ)とは

甘茶(あまちゃ)は、アジサイ科の落葉低木のアジサイ(学名:Hydrangea macrophylla)の変種である。 ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla f. normalis)に良く似ている。アマチャ(学名:Hydrangea macrophylla var. thunbergii)。また、その若い葉を蒸して揉み、乾燥させたもの、およびそれを煎じて作った飲料のことも指す。ウリ科のつる性多年草であるアマチャヅルの葉または全草を使った茶も甘茶ということもあるが、前者の「アマチャ」を使った甘茶が本来の甘茶である。

甘茶の茶葉に「御法楽」という御祈祷を神社で行った茶葉のみ「天茶」の称号が許される。

風習

飲料としての甘茶は、黄褐色で甘みがあり、灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかけるものとして古くから用いられた。これは、釈迦の生誕時に八大竜王がこれを祝って産湯に甘露を注いだという故事によるものである。また、潅仏会の甘茶には虫除けの効能もあるとされ、甘茶を墨に混ぜてすり、四角の白紙に「千早振る卯月八日は吉日よ 神下げ虫を成敗ぞする」と書いて室内の柱にさかさまに貼ると虫除けになるという風習がかつて全国的に行われていた。

4月8日は灌仏会(花まつり)です🙏🏻灌仏会ではお釈迦さまのお像に甘茶を注ぎ、ご誕生を祝います🌸本年は延暦寺一山住職のみで執り行いました#延暦寺 #花まつり #お釈迦さま https://t.co/f0hpOXVV8s
返信するRTお気に入り追加

昔から食用とされてきた植物であり、これまでアマチャから毒性のある成分が検出されたことも無く、毒性はないと考えられているが、濃すぎるアマチャを飲むと中毒を起こして嘔吐する恐れがある。

花祭りの際に濃すぎるアマチャを飲んだ児童が集団食中毒を起こした事例が報告されている(甘茶による集団食中毒事件)。アジサイ属の植物には葉に青酸配糖体が含まれており、食すと中毒を起こす可能性があるが、それとの関連はよく解っていない。

厚生労働省は濃いアマチャを避けること、2〜3グラムを1リットルの水で煮出すことを推奨している。

蔵の横で甘茶(アマチャ)が咲いてきました。若葉を蒸して揉み、乾燥させたものを花祭りの際に仏像に注ぎかけます(釈迦の生誕時に八大竜王が産湯に甘露を注いだ故事による)。砂糖の数百倍の甘味成分があるそうです。#六義園 #紫陽花 #アジサイ #Hydrangea https://t.co/t4xEBTsuQe
返信するRTお気に入り追加


参考サイト

古来より愛されるほんのり甘い甘茶(あまちゃ) | おもしろお役立ちまとめ紹介のフラットまとめ


kanzakizz の最近のまとめ

猫の毎日に大切なキャットフード紹介

若者の就業支援の駆け込み寺サポステ

にんにく香るおいしいマー油

松の実という料理のアクセントになるおいしい木の実

【雑学】都会じゃわからない田舎暮らしあるある

もっと見る

kanzakizz の人気のまとめ

とにかくおいしい海鮮の芸術!ちらし寿司

日本最大級のお出かけスポット紹介サイトスポスポシリーズ爆誕

佐賀市の街おこしご当地グルメにもなったシシリアンライス

あまじょっぱく炒めておいしいそぼろ

おいしそうな絶品しらす丼紹介

もっと見る

人気のまとめ