トップ > 若者の就業支援の駆け込み寺サポステ

若者の就業支援の駆け込み寺サポステ

地獄のような若者の就業環境を救うサポステ紹介です。

サポステとは

地域若者サポートステーション(ちいきわかもの サポートステーション)は、一般的に働くことに悩みを抱える若年無業者をサポートし職業的自立を促すために設置された相談窓口の名称である。通称「サポステ」。

サポステ[地域若者サポートステーション]

政府の事業主体は厚生労働省(以下:厚労省)である。若年無業者の自立支援において実績やノウハウのある各種団体を厚労省が認定、事業を委託し実施されている。現在、全国におよそ177か所設置されている。

同じ厚労省が開設・実施しているハローワークやジョブカフェなどの就労支援機関をはじめ、教育機関、保健・福祉機関(発達障害者支援センター、精神保健福祉センターなど)、行政機関、地域社会などの様々な機関とネットワークを結ぶことで、当事者の悩みに対応している。

https://t.co/3A47M6Ev9K2021年1月27日(水) 堺市三国ヶ丘庁舎にて開催の「就職応援フェアしごとmeets」に参加致します。13:40~14:05に「働き方について考えてみよう」という内容の講演をさせていただきます。#サポステ https://t.co/To4DkTvKGJ
返信するRTお気に入り追加

サポートステーションの企画競争に応募するには地方自治体の推薦が必須で、地方自治体が推薦を受けたい団体の公募を行い、書類選考により推薦団体を決定、同省への応募に必要な推薦書を発行する。協働主体となる地方自治体は、都道府県・市町村(東京23区含む)いずれでもよい。また、事業に応募する団体の法人格は問われない。同一団体による複数箇所への応募も可能である。


サポート内容

キャリア・コンサルタントなどの専門家による、一人一人の状態にあわせた相談 - 専門的な支援が受けられるよう、必要に応じてサポートステーション外部の適切な支援機関・団体等も紹介する。メンタル面のサポートが必要な当事者に対して、臨床心理士等によるカウンセリングも行う。

ステップアップのためのプログラム - コミュニケーションスキルを向上させるためのグループワークや職業講話、面接訓練など、段階に応じたプログラムを複数用意し、ステップアップを図る。

職場見学・職場体験 - 企業や事業所を訪問し、働く現場を実際に見て、体験することで「働く」とは何かを学び、意識する。

保護者向けの支援 - 保護者を対象としたセミナーや個別相談などを開催し、子供の自立に向けた支援の在り方や、子供への接し方、保護者ご自身の悩みへの相談に応じる。


参考

就業に苦労する若者を助けるサポステ | おもしろお役立ちまとめ紹介のフラットまとめ


kanzakizz の最近のまとめ

刺激的なすっぱ辛さでおいしい紅しょうが

旨味たっぷりトマトラーメン

暑い時期に涼しく楽しめる冷やし中華

幅広で食感が特殊でおいしいひもかわうどん

旨過ぎご当地ラーメンの徳島ラーメン

もっと見る

kanzakizz の人気のまとめ

日本最大級のお出かけスポット紹介サイトスポスポシリーズ爆誕

とにかくおいしい海鮮の芸術!ちらし寿司

佐賀市の街おこしご当地グルメにもなったシシリアンライス

あまじょっぱく炒めておいしいそぼろ

天ぷらとごはんをおいしく食べる天丼

もっと見る

人気のまとめ