トップ > おいしい脂身グルメのサーロ

おいしい脂身グルメのサーロ

ロシア料理などで楽しめる脂身の塩漬けサーロの楽しみ方。

まとめ

サーロ(ウクライナ語: сало / salo)は、ウクライナ料理で供される、豚の脂身の塩漬けである。「白豚脂」と意訳される。食用油脂のラードと異なり、未精製で食される。ボルシチとヴァレーヌィクと並んで、ウクライナの代表的な伝統料理である。
サーロとは体内脂肪のことである。
サーロという単語はスラブ[要説明]のSADLOに由来している。その語幹「SAD」はSADIT`SYA(座る、つく)のと同じで、つまり、SADLOというのは「肉に付いているもの」という意味になる。時代が流れ、Dが抜けてSALOになった。スロバキア語では今でもSADLOという。
ベラルーシとロシアでは「サーラ」。ポーランドでは「スウォニーナ」、南スラヴ諸国では「スラニーナ」と呼ばれている。

ロシア料理のおいしい脂身サーロ | おもしろお役立ちまとめ紹介のフラットまとめ

ビタミンA/E/Dと不飽和脂肪酸が豊富で、770–870cal/100gの熱量をもつ。
現在、サーロはウクライナ料理の他に東欧諸国の料理にも用いられている。
サーロは、生、塩漬け、スモーク、茹でて、煮込んで、焼いて、食べる。そのまま食べる場合は、スライスして、黒パン、ウォッカ、塩、生ニンニク、生タマネギ、生ネギ、胡椒、辛子などと共に食される。

ウラル勢が言ってるサーロってなんだろうって調べたら「ウクライナの寿司」とかいうパワーワードと共にこいつが出現した(サーロは豚の脂身の塩漬けの事らしいです) https://t.co/2Jqsv6awqr
返信するRTお気に入り追加

私もロシア語選択者の一端としてサーロをつくっていきます(使命感)ブロック肉がなかったかたカットされたやつ買ってきたんだけど大丈夫なのか??🤔 https://t.co/mXyKRVjmg2
返信するRTお気に入り追加

新幹線競争③【解説】ウクライナ人は「サーロ食い」と呼ばれることがあり、よくサーロへのこだわりをネタにされる。https://t.co/MXW5GduIF7
返信するRTお気に入り追加

サーロ完成した^^ちょい塩多かったかもやけど、初回にしてはこんなもんでしょ https://t.co/2sbgCDPdH0
返信するRTお気に入り追加


参考

ロシアで人気の絶品脂身グルメのサーロ | まとめまとめ


kanzakizz の最近のまとめ

おいしい脂身グルメのサーロ

プリプリ卵のおいしいハタハタ

どうしてこうなった!?絶対にマネできないエクストリーム駐車

愛猫さんに喜んでもらうための猫ベッド

見た目驚くが旨味の塊のイカスミスパゲティ

もっと見る

kanzakizz の人気のまとめ

日本最大級のお出かけスポット紹介サイトスポスポシリーズ爆誕

とにかくおいしい海鮮の芸術!ちらし寿司

佐賀市の街おこしご当地グルメにもなったシシリアンライス

あまじょっぱく炒めておいしいそぼろ

天ぷらとごはんをおいしく食べる天丼

もっと見る

人気のまとめ