トップ > 新時代のデジタルデータの価値にNFT

新時代のデジタルデータの価値にNFT

これまでなかったデジタルデータの一点ものを作り出す技術NFTの解説。

非代替性トークン

非代替性トークン(ひだいたいせいトークン、英: non-fungible token、略称: NFT)とは、ブロックチェーン上に記録される一意で代替不可能なデータ単位である。NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけることができ(鑑定書(英語版)と類似)、ブロックチェーン技術を使用して、そのNFTの所有権の公的な証明を提供する。オリジナルのファイルのコピーは、そのNFTの所有者に限定されず、他のファイルと同様に複製や共有が可能である。代替可能性(英語版)(英: fungibility)がないという点で、NFTはビットコインなどの暗号通貨とは異なる。

昨今流行りのNFTとは | おもしろお役立ちまとめ紹介のフラットまとめ

最初のNFTプロジェクトは、2015年にイーサリアムのブロックチェーン上で行われた。「NonFungible.com」によると、2021年にはNFTの総金銭的価値は増大し、同年の第一四半期にはNFTの売上高は20億ドルを超えた。

NFTは、ブロックチェーンのトランザクションの検証に伴うエネルギーコストとカーボンフットプリントへの懸念、およびアート詐欺(悪徳商法)に頻繁に利用されていることから批判を受けている。

NFTは、ブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上に記録されている売買可能なデータ単位である。NFTは、特定のデジタル資産や物理的資産(コンピュータ上のファイルや物理的な物体など)、およびその資産を特定目的で使用するためのライセンスに関連づけることができる。NFT(および原資産を使用・複製・表示するための関連ライセンス)は、デジタル市場で売買することができる。

NFTゲームは金銭感覚がバグってるねwソシャゲとは比べ物にならんwsorareやアクシーもだけど、WonderHeroとかまだゲーム始まってないにも関わらずこの金額。日本のソシャゲメーカーも早くリリースしてほしい! https://t.co/D5iVnTRv7K
返信するRTお気に入り追加

金持ちほど一点もの、レアもの、他人が所有していないもの、に価値を見出すため、うまいこと美術品の市場のように市場が開拓され、今日ではかなりの額の取引が日々動いています。

NFTは、暗号トークンのように機能するが、ビットコインなどの暗号通貨とは異なり、相互に交換することができない。つまり、代替可能性(英語版)(英: fungibility)がない。ビットコインは各々が同一であるが、NFTは各々が異なる原資産を有している可能性があり、したがって異なる価値を持つことがある。NFTは、ブロックチェーンが暗号ハッシュ(一連のデータを識別するための文字列)の記録を以前の記録に紐づけ、識別可能なデータブロックの連鎖を形成することで生まれる。この暗号化されたトランザクションプロセスは、NFTの所有権を追跡するために使用されるデジタル署名を通じて、各デジタルファイルの真正性を保証する。しかし、美術品の保管場所などの詳細を示すデータリンクは消滅する可能性があり、またNFTは必ずしもその作品の知的財産権の譲渡を伴うわけではない。


参考

今話題のNFTアートとは?仕組みや作り方と販売・購入方法を詳しく解説【デジタルアート】 | Media Argo(メディア アルゴ)


kanzakizz の最近のまとめ

日本人の大好きな魚介類タコ

寿司に刺身においしい高級二枚貝の赤貝(アカガイ)

富山県の名物でもある小さいが美しく美味しいイカ☆ホタルイカ紹介

寿司に刺身に絶品☆ボタンエビ

幻と言われる高級海老ブドウエビ

もっと見る

kanzakizz の人気のまとめ

日本最大級のお出かけスポット紹介サイトスポスポシリーズ爆誕

全国お出かけスポット紹介のスポスポシリーズ

新時代を作るステキなキュレーションサイトのフラットまとめ

佐賀市の街おこしご当地グルメにもなったシシリアンライス

天ぷらとごはんをおいしく食べる天丼

もっと見る

人気のまとめ